断捨離のたったひとつのルールとは?

断捨離をはじめると、家事が楽になったり、気持ちが軽くなったりと断捨離の効果を感じられるようになります。
すると、断捨離に勢いがついて、なぜか人のものが気になり、人のものほど不要なものに見えてきます。
あなたにとっては不要なものでも、家族にとっては必要なものかもしれません。
“家族のものも自分のもの”のように錯覚しがちですが、家族の許可なしに捨てるのは絶対にNGです。

家族のものを勝手に捨てない

実は私自身、断捨離をはじめた頃に、家族のものを勝手に捨てて怒らせてしまったことがあります。
私から見たら古びたサンダルでも、夫にとっては履きやすくてお気に入りのサンダルでした。
また、実家では無造作に置かれた紙袋を捨ててしまったのですが、母はその紙袋をボタン入れにしていたそうです。
言われてみれば、何個かボタンが入っていたのを覚えています(^^;

反省と同時に勉強にもなりました。

子どものおもちゃは一緒に考える

小さなお子様の洋服やおもちゃなどは、その子の成長に合わせて親御さんが判断してもOKです。
子どもは3歳を過ぎた頃から、「いる・いらない」の判断ができるようになるそうです。
おもちゃが増えて収納スペースに入らなくなったり、最近遊んでいないおもちゃがあるなら、「このおもちゃ好きかな?このおもちゃでこれからも遊ぶかな?もう遊ばないかな?バイバイしてもいいかな?おもちゃはここに入る分だけにしようね。」など子どもにわかりやすい声掛けをして、一緒に「いる・いらない」を考えてあげましょう。

断捨離の「目的」を見失わないように

当然のことですが、「必要なもの」・「不要なもの」の基準はひとそれぞれです。
自分にとっての適量と誰かにとっての適量も違います。

断捨離にはまってしまうと、「もっともっと」と捨てることが快感になってくることがあります。
「家族が快適に暮らせること」が目的だったのに、気づけば「捨てること」が目的になっていた…なんてことになったら本末転倒です。

あなたは何のために断捨離をしていますか?

断捨離の目的を忘れないでくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です