迷ったら試してみよう!やましたひでこさんの「断捨離」と近藤麻理恵さんの「ときめく片づけ」

2010年頃からの断捨離とお片付けブームの火付け役となった、やましたひでこさんと近藤麻理恵さん。
8年前から私が断捨離や整理収納に興味を持つようになったきっかけはこのお二人でした。

やましたひでこさんの「断捨離」を知り「捨てる」を意識

もともと収納や片付けは得意なほうだったので、収納スペースにはまるでパズルのように隙間なくたくさんのものを収納していました。

そのおかげで、生活空間はすっきり快適。
逆にそのせいで、旦那さんのコレクションはどんどん増えました。

当時は捨てるという概念はなく、必要性も感じていませんでした。

そんなある日、たまたまテレビで「断捨離」を知りました。
“「断」はいらない物を断つ、「捨」はいらない物を捨てる、「離」は物への執着から離れる”
目から鱗でした。捨てることによってたくさんの効果があるなら試してみたい!と単純に思い、はじめて「捨てる」という意識を持ちました。

近藤麻理恵さんの「ときめく片づけ」に共感

その後『中居正広の金曜日のスマたちへ』などのテレビ番組で見た、近藤麻理恵さんの「こんまり流ときめく片づけ」を知りました。
2010年に出版されベストセラーになった『人生がときめく片付けの魔法』は私のバイブルです。

こんまり流の捨てる基準は“ときめき”。
私にはとてもわかりやすく、ハードルが低く感じられました。
また、かわいらしい外見と説得力のある言葉のギャップにも惹かれました。

収納スペースが半分以下に!!

ちょうどその頃にマンションを購入。
当時住んでいた44㎡(3K)から62㎡(2LDK)への引っ越しです。
新居は面積は広くなるのですが、和室がないので押入れがありません。(クローゼットといくつかの収納はあります。)
困ったことに収納スペースは半分以下に!!

当時住んでいたのはUR公団賃貸で、押入れが2ヶ所+押入れの半分サイズの収納が1ヶ所、ベランダにも大きな収納がありました。
押入れは奥行きも高さもあるので収納量がとても多いですよね。
その奥行きと高さを無駄にせず、パズルのように隙間なく詰め込まれた量は、見積りに来た引っ越し屋さんも予測できなかったようで(一応、詰まっていることは伝えたのですが…)「2トン車でいけますね。」と。
当日、先方の都合でたまたま2トンロング(3トン車)だったおかげで、なんとか全ての荷物を積み込むことができたのでした(^^;

引っ越し前はこんまり流で一気に断捨離

引っ越し前にはこんまり流お片づけで断捨離しました。

こんまり流お片づけのポイントは3つ。

  • 捨てる基準は「ときめき」
  • 一気に、短期に、完璧に終わらせる
  • 捨てる順番が大切(衣類→本類→書類→小物類→思い出の品)

ポイントの捨てる順番のとおり、最初に取り掛かったのは洋服です。
全て押入れから出して、残すもの・売るもの・捨てるものに分けました。
売るものはネットの宅配買取を利用して短期間で一気に大量に手放すことができました。

断捨離した洋服やかばん
本類は「ときめく」ものばかり、書類は「必要なもの」ばかり(だと思っていた)のでそのままに。思い出の品もそのまま。
買うことに満足していたり、何となく飾っていた雑貨や使っていない日用品などはたくさん捨てました。
スノーボード、テレビボード、業務用の巨大な灰皿など大きなものを捨てた時は気持ちがスッキリ軽くなりました。

引っ越し後は日々コツコツと断捨離

引っ越し後は、荷物を片付けながらコツコツと断捨離。
荷物が片付いてからも日々コツコツと断捨離を続けています。(長くなりそうなので、断捨離の方法やコツなどはあらためて記事にしたいと思います。)
収納スペースは少なくなったけど、そのスペースに入る分だけの持ち物になりました✨
さらに最近、開かずの間だった一部屋(旦那さんのコレクション)にも大きな変化がありました。(こちらも長くなりそうなので、あらためて記事にしたいと思います。)

大切なのは、自分に合った断捨離、片付けを見つけること

断捨離に興味を持つようになったきっかけは、やましたひでこさんの「断捨離」と近藤麻理恵さんの「ときめく片づけ」です。
その後、ドミニック・ローホーさんの「シンプルライフ」、カレン・キングストンさんの「風水整理術」、「捨てたい病」のゆるりまいさん、「ミニマリスト」の佐々木典士さんなど、その時々の自分の心境や状況に合わせて気になった方法を試してきました。

シンプルライフに憧れる時期、ミニマリストに憧れる時期もありました。
今だからわかることは、ミニマリストのような極限に憧れている時期の私は少し病んでいたということ(^^;
断捨離や片付けは心の整理でもあると言われるのは本当だと実感しています。

その時々の自分に合った断捨離や片付けの方法やコツなどを調べながら、自分にとっての適量がわかってきました。今では、旦那さんのコレクションも認められます。

自分に合った断捨離や片付けは、人それぞれです。
たくさんありすぎて迷ってしまうなら、まずは、やましたひでこさんの「断捨離」や近藤麻理恵さんの「ときめく片づけ」を実践してみてはいかがでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です