どんなおうちにしたい?どんな暮らしをしたい?(わが家のケース)

どのご家庭にもおすすめしたい整理収納。
その目的や方法は、住まい、環境、間取り、家族構成、性格、ライフスタイル、職業、趣味などによって変わってきます。

わが家を例にしてみます。

  • 住まい:分譲マンション
  • 環境:駅近、徒歩圏内に生活に必要なお店や施設あり。
  • 間取りと広さ:2LDK(LDK+洋室2部屋)、62㎡
  • 家族構成:40代の夫婦ふたり
  • 私:少しの持ち物でシンプルな暮らしがしたい。
  • 夫:元コレクター。コレクションは手放せない。

モノのための部屋ではなく、人のための部屋に

夫は元コレクターですが、コレクションが増えすぎて今ではとても困っているので、もう増やすことはありません。
モノは手に入れた瞬間からその喜びが薄れていくこともわかったそうです。
でも、苦労して集めたコレクション。手放すこともできずに困っています。

実は、わが家はこのコレクションのためだけに一部屋を使っています。
(現在、コレクションを整理し、モノのための部屋ではなく、人のための部屋に片付け中です。)
その代わり、他の空間はすっきりを心掛け、少しのモノで、シンプルな暮らしをしています。

我が家のリビングの画像

わが家の整理収納のテーマは適材適所に適量

簡単に言うと、トイレットペーパーはトイレに、洗濯洗剤・お風呂洗剤・シャンプーなどのストックは洗面所に収納するということです。

「そんなの当たり前。」と言われるかもしれませんが、そうでないご家庭が意外に多いです。
買って帰ってきて、空いている部屋に置いたり、なんとなく押入れに入れたりしていませんか?
それをすっかり忘れていて、後で「こんなところにあった!」「すっかり忘れていた!」ということはありませんか?

「トイレや洗面が狭くて収納スペースがありません。」と言われることもあります。
狭いトイレでも、工夫すればトイレットペーパー12ロールくらいは収納できます。
収納スペースが足りないのは、多すぎるストックが原因かもしれません。

ちなみにわが家の場合は、洗剤・シャンプーは半分以下になったら、トイレットペーパーは残り2ロールくらいになったら、そろそろ買おうかな?といった感じです。

トイレの収納棚の画像

大家族だったり、離島にお住まいの場合はある程度のストックは必要かもしれません。
そうでなければストックの量を見直すことも必要です。

わが家の整理収納の基本

わが家の場合は適材適所に適量をベースに、以下の6つの基本があります。

  • 使う場所に使うモノを置く
  • 収納スペースに入る分だけ
  • 中身が一目でわかる収納
  • 出し入れしやすい収納
  • 収納グッズにお金をかけない
  • 毎日使うものは出しっぱなしOK

ご家庭によって、全部見えない収納にしたい、よく使うモノは手の届くところに置きたい、見えない収納の中も美しく整えたい…などこだわりがあると思います。
ぜひ、あなたのおうちの整理収納のテーマや基本を考えてみてください。

あなたはどんなおうちにしたいですか?どんな暮らしをしたいですか?

はじめに書いたとおり、整理収納のその目的や方法は、住まい、環境、間取り、家族構成、ライフスタイル、職業、趣味などによって変わってきます。

整理収納をはじめる前に、まずはどのようなおうちにしたいのか、どのような暮らしをしたいのかをイメージして、整理収納をはじめましょう。

想像している女性の画像

どんなおうちにしたい?どんな暮らしをしたい?(わが家のケース)” に対して1件のコメントがあります。

  1. みき より:

    我が家も片付けしなきゃなぁ…と思いながらなかなか手が出ない。そしてまた物が増えての繰り返しに見てみぬ振りの私です。
    少しずつ頑張って見ようかな~☺

    1. non より:

      当ブログ初コメントありがとうございます。
      少しずつでもいいと思います。
      続けることで習慣にしてしまえば必ずきれいになりますし、維持もできると思います。
      私もまだまだです。一緒にがんばりましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です