「整理」「収納」「整頓」「片付け」最初にするべきことは?【整理収納レッスン】

「今日から整理を始めよう!」と思っても何からはじめていいのかわからないという方もいらっしゃいますよね。

知らないより知っていたほうがいい「整理」・「収納」・「整頓」・「片付け」の意味”のページでも言いましたが、整理収納には順番があります。
最初にすることは、「不要なものを捨てる」ことです。
※「捨てる」ことをおすすめしますが、「売る」「リサイクル」「誰かにあげる」もOKです。

整理収納の順番をおさらい

①整理(不要なものを捨てる)

②収納(残ったものを使いやすいように収める)

③整頓(収納したものを見た目よく配置する)

④片付け(使ったものを元の位置に戻す)

「順番なんてどうでもいいのでは?」と言われるかもしれませんが、この順番が大切なんです。不要なものを捨てない限り、片付くことはありません。
逆に一度思いきった整理をして、その後はものを増やさないように心掛け、習慣にしてしまえばこっちのもの。
そうすれば、適正量を保つことができるようになり、日々の片付けや掃除が楽になり、綺麗なおうちを維持できるようになります。

整理ってどんなことをするの?

何度も書きますが、整理とは、必要なものと不要なものを区別して、不要なものを取り除くことです。

と言われても・・・捨てるのが苦手な人にとっては「不要なものなんてない」「何を捨てたらいいのかわからない」「どの場所からはじめたらいいのかわからない」ですよね。
「今日はやめておこう」「時間がないから」と先伸ばしにしてきた方もいらっしゃるかもしれません。

まずは捨てやすいもの始めやすい場所から整理してみましょう。

 

▼まずは「小さなスペース」から始めてみよう

 

▼次に「捨てやすいもの」から捨ててみよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です