捨てづらいもの「ぬいぐるみ・人形」や「お守り・お札」の処分は「気持ち」を大切に。

ぬいぐるみやお守りなど思いのこもったものを捨てると「悪いことが起こりそう…」、「ばちがあたりそう…」、「呪われるのでは?」などの思い込みで、ごみとして捨てることに抵抗のある方が多いと思います。また、もういらないけど、どうやって捨てたらいいのかわからなくて困っているという方も多いです。

実際はごみとして捨てても悪いことは起こりません。
ごみ箱に捨てても、ごみ回収に出してもばちはあたりません。(私は大丈夫でした!)

それでもやっぱり迷信や言い伝えを信じて、呪われたり悪いことが起こるのではないか…と考えてしまう方もいらっしゃると思います。それはそれでとても大切な「気持ち」です。

今回は、そんな「気持ち」を尊重した ごみとして捨てる方法以外の ぬいぐるみや人形、お守りなどの処分の方法をご紹介します

ぬいぐるみ・人形の処分方法

  • 神社やお寺で供養してもらう
  • 売る(リサイクルショップ、フリーマーケット、ネットオークション、フリマアプリなど)
  • 寄付する(施設、団体など)

神社やお寺で供養してもらう

ぬいぐるみや人形を供養してもらえる神社やお寺は全国にたくさんあります。
インターネットで “ぬいぐるみ 供養 ○○(地名)” と検索すると、供養を行っている神社やお寺を調べられます。

供養のタイミングは、随時受け付けてもらえるところ、毎月○日や毎週○曜日と決まっているところがあります。
また、直接持ち込むことが出来ない場合は、宅急便で送ることで受け付けてもらえるところもあります。

供養していただくには、基本的には供養料がかかります。相場は、大きさによって1体1,000円~5,000円くらいです。
どうしても無料で供養したい場合には、人形供養祭を利用する方法もあります。人形供養祭りは全国の神社やお寺で行われている人形供養の行事です。インターネットで “人形供養祭 ○○(地名)” と検索すると調べられます。タイミングが合えば、このお祭りを利用するのをおすすめします。

売る

状態の良いものなら、リサイクルショップへ持ち込む方法が手っ取り早いです。宅配買取も手軽で便利です。ほとんどが二束三文にしかなりませんが、ディズニーキャラクターのぬいぐるみは高く買い取ってもらえる可能性があります。
時間がかかってもいいなら、フリーマーケット、ネットオークション、フリマアプリを利用するのもおすすめです。自分で価格設定ができるので、リサイクルショップよりは高値で売れる可能性もあります。

寄付する

NPOなどの団体を通して発展途上国の子どもたちに寄付する方法と、お近くの施設や保育園に直接寄付をするという方法があります。

NPOなどの団体を通して発展途上国の子どもたちに寄付をすると、日本では捨てられてしまうものでも、喜んでくれる人がたくさんいます。また、収益の一部をワクチン募金にあてている団体もあります。
寄付する場合は、送料は自己負担がほとんどです。また、送料と再利用などにかかる費用を含めて「一箱○○○円」(サイズによって1,500円~2,500円くらい)と設定されている場合もあります。
団体によって取り扱うものや、寄付の方法が違います。インターネットで “ぬいぐるみ 寄付” で検索し、各団体を比較して、ご自身が納得できる団体へ寄付するようにしましょう。

お近くの施設や保育園に直接寄付をする場合は、電話等でぬいぐるみの寄付が可能かどうか確認を取りましょう。
施設や保育園によって、快く引き取ってもらえる場合もありますが、衛生面から断られる場合もあります。

売る場合でも寄付する場合でも、できるだけ綺麗な状態にして、次の方に気持ちよく受け取ってもらえるようにしましょう。

お守り・お札の処分方法

お守りやお札の効果は1年だそうです。ずっと持っている人もいますが、1年を目安に処分しましょう。
ただし、合格祈願や安産祈願などのお守りは目的や願いが達成したら処分してください。処分には以下の方法があります。

  • 神社やお寺に返す
  • どんど焼き

合格祈願のお守りの画像

神社やお寺に返す

一番よいのは、買った神社やお寺に返しに行くことですが、遠方の場合は近所の神社やお寺に返してもOKです。(神社で買ったものは神社へ、お寺で買ったものはお寺へ返すようにしてください。)
遠方などの理由で行けない場合は、郵送でも受け付けてもらえるところもあります。郵送方法などは神社やお寺のホームページまたは電話などで確認してください。

どんど焼き

どんど焼きとは、毎年1月15日(前後)に日本各地の神社や地域で行われている火祭り行事です。正月飾り(門松やしめ縄)などと一緒に燃やすことができます。

私はこうやって処分しています。

ぬいぐるみは、コレクションとして購入したもの、価値のありそうなもの、状態の良いものはメルカリを利用しています。手間はかかりますが、ごみとして捨ててしまうより、必要としている人に大切にしてもらえればうれしいからです。

状態の悪いものはごみの日に捨てます。まず紙袋に入れてから、その紙袋を指定のごみ袋に入れてごみの日に出します。生ごみなどとは一緒にせず、ぬいぐるみだけを入れて最後まで丁寧に扱うことと、「いままでありがとう」の気持ちを忘れないようにしています。

お守は、毎年お正月に実家に帰省する際に持ち帰って、親に預け、1月15日に地域で行われるどんど焼きで、実家のお正月飾りなどと一緒に燃やしてもらいます。
ドリームキャッチャーやミサンガなどお守りに近いものを捨てる場合は、綺麗な紙に包んでゴミとして処分しています。ぬいぐるみと同じように感謝の気持ちで、最後まで丁寧に扱うことを心掛けています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です