ものを捨てられない3つの理由と捨てられるようになるヒント

子どもが描いたお母さんの絵の画像 断捨離

おうちが片付かないのは、ものが多いからとわかっているけど、やっぱり捨てられないという方がたくさんいます。ものを捨てられない理由は人それぞれですが大きく3つの理由があります。

ものを捨てられない3つの理由

もったいないから

世界からも注目されている日本人が持つもったいない精神。もったいない精神は、ものを無駄にせず大切に使う精神のことです。

ものは本来の使われ方をされることで生かされます。壊れていない、まだ使える、別の用途に使える、高かったから・・・捨てるのはもったいないと言うのなら、使いましょう。

使わないものを収納して、収納スペースからものが溢れて、日々の生活を不便にしているほうがもったいです。
どうしても捨てられないのなら「売る」「あげる」「リサイクル」などの方法もあります。

▼関連記事

捨てられないなら「リサイクルショップ」「オークション」「フリマアプリ」を利用してみませんか?
いさぎよく捨てればスッキリするのはわかっています。 でも使えるものを捨ててしまうのはもったいないです。 ものが多いから片付かないとはわかっていても「捨てる」ことに抵抗がある方、多いと思います。「使える...

いつか使うかもしれないから

「いつか使うかもしれない」の「いつか」はいつですか?

すぐに答えられないのなら捨てても大丈夫です。私の経験上では「いつか」が来たことはありません。(来たとしても、捨ててしまったものに執着しないのですぐにあきらめます。)

もしも「いつか」が来たとします。

その時にどこに収納してあるかちゃんと覚えていて、すぐに取り出して使えますか?普段は使わないからと収納してしまえば、その存在を忘れてしまう可能性だってあります。「どこに片付けたのか覚えていない」「奥に片付けて取り出すのが大変」となって、結局は買いに行くほうが早くなってしまいます。

「いつか」の時にそれがなかったらそんなに困るものですか?
「いつか」の時にそれの代用となるものはないですか?
捨てたらもう二度と買えないものですか?

もし全く同じものが売っていなくても、ほとんどのものは代用品やさらに性能が良くなったものを買うことができます。

思い出があるから、いただいたものだから

「思い出のあるもの」は捨てられないものNO.1とも言えるかもしれません。捨てられないのは、思い出のものを捨てる=過去の楽しかった思い出まで捨ててしまうように感じるからです。でも、本当に大切な思い出なら、ものがなくなっても心の中からなくなりません

カメラとアルバムの画像

思い出のものの中には、写真・成績表・卒業証書・子どもの作品や昔の恋人からの手紙など、お金で買えないものもありますよね。だからと言ってすべて取っておいたら年齢を重ねるごとに増える一方です。

そこで、おすすめなのは「思い出ボックス」を作ってそこに入る分だけ残す方法です。
写真に撮ってから捨てる方法もおすすめです。実物がなくても、いつでも見返すことができる安心感から捨てやすくなります。写真や手紙もスキャンしてデータ化してしまえば、場所をとりません。

中身が空っぽの箱の画像

「いただいたもの」が捨てづらいのは「もの」に相手の「気持ち」がプラスされているから。その「気持ち」を受け取ることが大切です。プレゼントは受け取った時点でその役割を果たしています

「気持ち」を受け取ったあとは、自分にとって「大切にしたいもの」「使うもの」「必要なもの」かどうかです。「好みじゃないなぁ…」「使わないけど捨てたら悪いなぁ」と少しでも考えた時点でそれは「不要なもの」です。

「使っているかどうか聞かれたらどうしよう」と心配される方もいますが、誰に何をプレゼントしたかまで全部覚えている人はほとんどいません。そんな話題が出たら「あの時はありがとう。気持ちを大切に受け取ったよ。」と答えればいいのです。

「思い出のもの」や「いただいたもの」を捨てても、思い出やプレゼントしてくれた人との関わりがなくなるわけではありません。捨てるなんて冷たい人間だと思われるかもしれませんが、自分のものをどうするかはその人の自由です。

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。
今回の記事「いいね」と思ったらクリックお願いします。

片付け・収納(個人)ランキング(にほんブログ村)
整理・収納ランキング(人気ブログランキング)

コメント