どこから片づけていいかわからない方は「小さなスペース」から整理してみましょう!

引き出しがたくさんある収納棚の画像 片づけのハウツー

片づけによって「心地いい暮らし」をつくるために、整理(必要なモノと不要なモノをわけること)はとっても重要です。

でも、整理を始めようと思っても、どこから始めたらいいのかわからない方もいらっしゃると思います。

そんな方には「小さなスペース」から始めることをおすすめします

「大きなスペース」を整理したほうが見た目にもわかりやすく、達成感は大きいのですが、「大きなスペース」の整理には時間がかかりそれなりのパワーも必要です。

「小さなスペース」なら中身を全部出しても場所を取りませんし、すぐに元に戻せます。

まずは「小さなスペース」からはじめて、整理の楽しさや気持ちよさを体感し、整理のコツをつかんでいきましょう。

「小さなスペース」ってどこのこと?

「小さなスペース」とは、お財布、バッグ、救急箱、裁縫箱、引き出しなどのことです。

引き出しなら、棚やタンスの1段ずつでOKです。

 

空いた時間を利用して、気軽にはじめてみましょう。

整理の順番

  1. 中身を全部出します。
  2. 必要なモノと不要なモノにわけます。
  3. 必要なモノだけ戻します。

 

これだけです。簡単ですよね。

ここで大切なのは、中身を全部出すことです

全部出すのは少し面倒かもしれませんが、中身を入れたまま不要なモノだけを取り出すのではなく、必ず全部出してから、必要なモノと不要なモノにわけましょう。

と言われても…「何が必要で何が不要なのかわからない」という方は、次の見分け方を参考にしてみてくださいね。

「必要なモノ」と「不要なモノ」の見分け方

あらためて…「必要」と「不要」の意味をgoo辞書で調べてみました。

必要[名・形動]
なくてはならないこと。どうしてもしなければならないこと。また、そのさま。

不要[名・形動]
使わないこと。必要がないこと。また、そのさま。

引用:goo辞書

整理をする時の「必要」・「不要」の見極め方

整理をする時には、以下のような見極めをしてみてはいかがでしょうか。

「必要なモノ」=「使っているモノ、使う予定が決まっているモノ」
「不要なモノ」=「使っていないモノ、使う予定が決まっていないモノ」

ただし、「使っていないモノ、使う予定がきまっていないモノ」の中にも「迷うモノや使わなくても大切なモノ」があるかもしれません。

そういうモノは、無理に捨てる必要はありませんが、元の場所には戻さないこと。

他の場所に収納スペースを用意して、定期的に見直しましょう。

それでも残ったモノは本当に大切なモノや思い出の品かもしれません。「思い出ボックス」を作って大切に収納しておきましょう。

「必要なモノ」と「不要なモノ」をわけた後は…

「必要なモノ」と「不要なモノの」をわけてみて、どれくらい不要なものがあったでしょうか?半分?もっと?

必要なモノだけを戻したスペースは、取り出しやすく、しまいやすくなるだけでなく、見た目もすっきりして気持ちいいですよね。

「必要なもの」だけを収納しましょう

収納スペースは「不要なモノ」「使わないモノ」「邪魔なモノ」を隠しておく場所ではありません。

「不要なモノ」を収納してしまうと、目に入らないので存在を忘れてしまいます。存在を忘れるということは「不要なモノ」ということですよね。

「必要なモノ」を収納するようにしましょう。

「小さなスペース」でコツを掴んでから、「大きなスペース」も整理していきましょう!

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。
今回の記事「いいね」と思ったらクリックお願いします。

片付け・収納(個人)ランキング(にほんブログ村)
整理・収納ランキング(人気ブログランキング)