肌トラブルの危険も!期限切れの「化粧品」は処分しましょう

食べ物の消費期限や賞味期限を気にする人は多いと思いますが、「化粧品」の使用期限を気にしたことはあるでしょうか。もしかして全く気にしたことがないという方もいらっしゃるかもしれません。

期限の切れた化粧品を使うと思わぬ肌トラブルや目のトラブルが起こる可能性もあります。 自分は肌が丈夫だから大丈夫!という過信は危険です。

  • 何年も前にもらった試供品の化粧品がありませんか?
  • 新作を買って、使いかけの化粧品を放置していませんか?
  • なかなか減らず、何年も使いかけの化粧品はありませんか?
  •  高かったからもったいなくて捨てられない化粧品はありませんか?

肌トラブルはある日(ある朝)突然起こります。そうなってから後悔しないように、期限の過ぎたものは、迷わず処分しましょう。

捨て時がわからなかった方も、期限があるなら捨てる目安になり、捨てやすくなりますよね!
今回は化粧品の使用期限と処分方法について調べたことをご紹介します。

化粧品の使用期限ってどこに載ってるの?

化粧品の使用期限について認識が薄いのは、ほとんどの化粧品に使用期限が表示されていないからかもしれません。
表示されていない理由は、薬機法(医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律)で “製造又は輸入後3年を超えて性状及び品質が安定なものは使用期限の表示を行わなくても差し支えない” とされているからです。
逆に、使用期限が3年未満の場合にはパッケージに表示されています。

未開封なら3年間

日本国内の化粧品の使用期限は、未開封で表示がない場合は3年間です

海外の化粧品の場合は、パッケージにイラストで表示されています。

海外のハンドクリームのパッケージの画像

上の写真のように、ふたが開いた丸い容器のイラストの中に、「6M」「12M」などと書かれていて、この数字が開封後の使用期限になっています。例えば「12M」なら開封後12ヵ月ということになります。

開封後は6ヶ月以内に使い切るのがおすすめ

開封後は、手や空気に触れることで酸化したり、雑菌が繁殖する可能性があるため、なるべく早く使い切ることをおすすめします。
使用期限は化粧品にによって違いますが、ワンシーズンを目安にするとわかりやすいかもしれません。
ただし、無添加化粧品は防腐剤などが入っていないので、なるべく早く使い切ることをおすすめします。

3ヶ月以内に使い切りたいもの

リキッドアイライナー、マスカラ

半年以内に使い切りたいもの

スキンケア化粧品(洗顔料、化粧水、美容液、乳液、クリーム)、日焼け止め、リキッドファンデーション、クリームアイシャドウ、クリームチーク、ペンシルアイライナー、口紅、グロス、リップクリーム

1年以内に使い切りたいもの

パウダーファンデーション、パウダーアイシャドウ、パウダーチーク、マニキュア

試供品は1年を目安に

  • 何年も前にもらった試供品がたくさんありませんか?
  • 旅行に持っていこうと思っているならそれはいつですか?

試供品はもらったらなるべく早めに使ってしまいましょう。試供品の容器は簡易な場合もあるので、1年以内に使うことをおすすめします。開封後は、すぐに使いきるようにしましょう。

期限が切れていなくても気をつけて!

表示されている使用期限は、直射日光の当たらない場所で高温多湿を避けて適切に保管した場合の期限です。たとえ未使用でも、開封すれば空気に触れて酸化が進みます。 また、使用後も、保管場所や使い方によって、劣化が進みやすくなることもあります。
色が変わった、においがおかしい、分離している…など変化が見られるものは、期限内でも処分することをおすすめします

まとめ

使用期限は捨てる判断のひとつにはなりますが、特に普段使っていない化粧品は、期限+以下の3つの基準で判断しましょう。

  • 見た目(分離や、変色はないか)
  • 匂い(変な匂いがしないか)
  • 使用感(使って刺激がないか)

「捨てるのが苦手」「もったいない」と言う方でも、このように使用期限や捨てる基準がはっきりしているものは捨てやすいのではないでしょうか?

▼「化粧品」以外にも期限のあるものの処分方法について紹介しています。

 

ぜひ参考にしていただき、「捨てる」ことによって、スペースがスッキリ→気分もスッキリの気持ち良さを知っていただけたらと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です