プロフィール

双葉の画像
non
non
整理収納アドバイザー non(のん)と申します。

62㎡ 2LDKの分譲マンションに夫婦ふたりとうさぎ1匹で暮らしています。

少しの持ちモノでいい私に対して、夫はコレクター&捨てるのが苦手。

お互いの価値観を押しつけず、共通点を大切に「心地いい暮らし」を追求しています。

保有資格・免許

  • 整理収納アドバイザー1級
  • ビジュー式片付けカードワーク®インストラクター
  • メンタルケアカウンセラー
  • 幼稚園教諭第二種免許
整理収納アドバイザーは、特定非営利活動法人・一般社団法人のハウスキーピング協会が提供している資格です。片づけてもすぐ元どおりになってしまう、探し物が見つからない、物が多くて掃除ができないなどの原因を根本から見直して改善する、整理収納のプロです。

書籍・メディア掲載

書籍

●2019年4月26日発売

★6ページ+α 掲載していただいています。

●2018年11月28日掲載(mamagirl)

靴下の収納、どうしてる?簡単アイデアと便利グッズを紹介!

●2018年7月8日掲載(kufura)

捨てられない!でもかさばる「CD収納」のアイディア集【kufura収納調査隊】vol.36

活動エリア

京都市、京都府南部、滋賀県南部、福井市近郊など(将来は地元福井へ移住予定)

※ご要望があれば全国・世界中どこへでも伺います!

自己紹介

1975年生まれ。福井県福井市出身、京都府宇治市在住。

高校卒業後、京都女子大学短期大学部初等教育学科に進学。憧れの京都で憧れのひとり暮らしを始めました。

1年後、夫と出会いふたり暮らしに。

幼稚園教諭免許取得するも、卒業後は一般企業(マンホールメーカー)へ就職し、約10年間 営業事務を経験しました。

結婚を機に退職。

その後、臨時職員や契約職員として事務職をしています。

整理収納アドバイザー資格取得のきっかけ

40代を意識しはじめた30代後半。

なんとなく過ごしたこれまでの人生を振り返り「このままでいいの?私にできることってなに?」と真剣に考え、「後悔しない生き方がしたい!」と2つの目標を立てました。

  • 1年にひとつ新しいことに挑戦する
  • 好きなこと得意なことを仕事にする

新しいことへの挑戦は次々と浮かぶけど…

non
non
得意なことってなんだろう?(何もない気がする…)

そんな頃、偶然みていたテレビ番組から『子どもの頃に好きだったことや得意だったことで、大人になっても続いていることが実は天職。それを仕事にすると幸せになれる。』というヒントをもらいました。

振り返ってみると…

家族は全員片づけが苦手でした。私がいくら片づけてもすぐに散らかってしまいます。年末の大掃除では小学生だった私の指示で家族が動いていました(笑)。

子ども部屋はありましたが、使われなくなったダブルベッド、叔母が使っていた勉強机、母の嫁入り道具の本棚と飾り棚などのおさがりを使っていました。そんな部屋が少しでも快適になるよう工夫したり模様替えが好きでした。

中高生の頃は友達が読んでいた雑誌には興味がなく、母が購読していた「家の光」や「婦人誌」「インテリア誌」が好きでした。

高校卒業後は一人暮らしに。その後、夫と出会いふたり暮らしになり片づけや暮らしについて考えたり調べて工夫することがますます楽しくなりました。

やましたひでこさんの断捨離を知ったのは8年前。その頃、こんまりこと近藤麻理恵さんが「人生がときめく片づけの魔法」を出版しテレビ出演。このお二人にめちゃくちゃ刺激を受け、モノを減らすことを意識しはじめました。2・3年前からは(自分の持ちものは)ほぼ捨てるものがない状態です。

片づけは私にとっては当たり前のことなので、友達がわが家の押入れの収納を見て驚いたことに逆に驚いたこともあります(笑)

ある日、夫に「私の得意なことってなんだと思う?」と聞いてみたら、迷わず「片づけ」という答え。好きなことと得意なことがつながった瞬間でした。

好きなこと得意なことを仕事に

趣味・自己流の「片づけ」から、整理収納の知識をより深め、片づけにお困りの方にアドバイスができるよう、2018年8月に「整理収納アドバイザー1級」を取得。

私はもともと整理収納が大好きで得意ですが、夫のコレクショングッズだけがずっと片づかずに困っていました。(人のモノを勝手に整理するのはNGです。)

そこで整理収納アドバイザー1級2次試験の研究発表のテーマを「夫のコレクションで埋まった自宅の一室の整理収納」に。整理収納アドバイザーの認定講座で学んだ理論に沿って、一緒に整理収納をしていくうちに夫の気持ちが変わっていくのを体感しました。

そして、ついに!

長年の悩みの種だった大量のコレクショングッズを片づけることができたのです。

コレクションの整理収納によって、気づいたことがあります。

それは、コレクションの持ち主(夫)も実は片づけられないことにストレスを抱えていたということ。大好きなモノや大切なモノでも、自分で管理できる量には限界があります。

コレクターの夫を持つ私だから、コレクターの方の気持ちもわかります。大切なコレクショングッズの整理収納のアドバイスもさせていただきます。

また、家族がモノを捨てられないとお困りの方の気持ちも痛いほどわかります。お悩みをお聞きします!一緒に妥協点を探しましょう!

頭を抱えて困っている女性の画像
「家族がモノを捨ててくれない、片づけてくれない」とイライラしたり悩んでいる方へ先日、夫から「nonの宝物って何?捨てられないモノ・捨てたくないモノってある?」と聞かれました。 答えは人それぞれ、正解も不正解も...

整理収納アドバイザーとして

Happieでは、人それぞれの「心地いい暮らし」を大切に、一生ご自身で片づけられ、リバウンドしにくい「片づけ」をご提案しています。

また、お客様のお気持ちに寄り添ったヒアリングとお客様の暮らしに合った片づけのアドバイスをさせていただいています。

現在は、お片づけサポート(オンラインサポート出張サポート)、お片づけ教室メルカリ体験教室)の3つのサービスをご用意しています。

ブログでは、片づけのハウツー、お片づけサポートの実例(Before→After)、わが家の暮らしと片づけ、私の活動などを発信しています。

苦手でも、片づけよう!という気になればいつでもはじめられる片づけ。いまさらとか手遅れなんてことはありません。

non
non
「片づけられないを片づけられるに」変えるお手伝いをします。その気になった時にはぜひご利用ください。

当サイトが少しでもあなたのお役に立てたら幸いです。