\お片づけサポートの実例はこちらからどうぞ/

プロフィール

整理収納アドバイザー non(のん)と申します。

62㎡ 2LDKの分譲マンションに夫婦ふたり暮らしです。

少しの持ちモノでいい私に対して、夫はコレクター&捨てるのが苦手。

お互いの価値観を押しつけず、共通点を大切に「心地いい暮らし」を追求しています。

保有資格

  • 整理収納アドバイザー1級
  • ビジュー式片付けカードワーク®インストラクター

(実務経験はありませんが、幼稚園教諭免許を持っています。)

活動エリア

京都府とその近郊

※ご要望があれば全国・世界中どこへでも伺います!

自己紹介

1975年生まれの43歳。

福井県福井市出身、京都府宇治市在住。

高校卒業後、京都女子大学短期大学部初等教育学科に進学し、憧れだった京都でこれまた憧れだったひとり暮らしを始めました。

1年後、夫と出会いふたり暮らしに。

幼稚園教諭免許取得するも、卒業後は一般企業へ就職し、約10年間 営業事務を経験しました。

結婚を機に退職。

その後、事務職を(臨時職員や契約職員として)しています。

 

40代を前に「人生の折り返し」を意識し、なんとな~く過ごした20~30代を振り返りました。

そして、私には何もない…と焦り「後悔したくない!」と次の2つの目標を立てました。

  • 1年にひとつ新しいことに挑戦する
  • 好きなこと得意なことを仕事にする

周りからはのんびり癒し系と言われるけど、好奇心旺盛で怖いもの知らずな部分も。

新しいことへの挑戦は次々と浮かぶけど…

得意なことってなんだろう?(何もない気がする…)

 

そんな頃、偶然みていたテレビ番組から『子どもの頃から無意識に好きだったことや得意だったことで、大人になっても続いていることが実は天職。それを仕事にすると幸せになれる。』というヒントをもらいました。

振り返ってみると…

小学生の頃は

  • 住宅チラシの間取りを見て想像するのが楽しかった
  • 教室の本棚の本を高さ順に並べ替えていた
  • 友達の家に遊びに行くと、遊ぶよりも、散らかった勉強机が気になり、片づけさせてもらっていた

中学生の頃は

  • 自分の部屋をひんぱんに模様替え(真夜中でも!)

高校生の頃は

  • ファッション誌よりインテリア誌や家庭誌が好き

大人になって

  • 友達がわが家の押入れの収納を見て驚く
  • 実家に帰るたびにせっせと片づけている
  • 片づけや暮らしのことを考えることが大好き
  • 本屋に並んでいる片づけ関係の本・雑誌はほぼ目を通している
  • 夫に「私の得意なことってなんだと思う?」聞いた答えはずばり「片づけ」

繋がりました!

好きなこと得意なことを仕事にしよう

趣味・自己流の「片づけ」から、整理収納の知識をより深め、整理収納が苦手な方にアドバイスができるよう、2018年8月に「整理収納アドバイザー1級」を取得しました。

もともと整理収納が大好きで得意な私も、実は、夫の持ち物であるコレクショングッズだけが片づけられませんでした。

そこで、あえて、1級2次試験の研究発表のテーマを「夫のコレクションで埋まった自宅の一室の整理収納」にしました。

整理収納アドバイザー認定講座で学んだ整理収納の理論に沿って、一緒に整理収納を行ったことで、夫の気持ちに変化が。

そして、ついに!

悩みの種だった大量のコレクショングッズを片づけることができたのです😂

整理収納を進める中で気づいたのは、コレクションの持ち主(夫)も実はストレスを抱えていたということ。

大好きなモノや大切なモノでも、自分で管理できる量には限界があります。

コレクショングッズが増えすぎて困っているコレクターの方への収納アドバイス、また、そのご家族のお悩みやご相談など…

私がサポートさせていただきます!!

 

Happieでは、人それぞれの「心地いい暮らし」を大切に、一生ご自身で片づけられ、リバウンドしにくい「片づけ」をご提案しています。

2018年12月より整理収納サービス出張お片づけサポートお片づけカードワークメルカリ体験教室お片づけ相談@カフェ)をはじめました。

ブログでは、片づけのハウツー、お片づけサポートの実例(Before→After)、わが家の暮らし、私の活動などについて発信しています。

今後のコト

わが家の実例をいかし、コレクションの片づけに困っているコレクターの方やコレクターの家族の方を強力にサポートできるよう、現在、調査・研究・勉強中です!!

また、お客様に寄り添ったヒアリングやアドバイスができるようメンタルケアについても勉強します。

そして、まだまだもっともっと整理収納を極めていきます!

将来は整理収納アドバイザー2級認定講師も目指します!

よくばりな私ですがどうぞよろしくお願いいたします。