人それぞれの「心地いい暮らし」を大切に、一生ご自身で片づけられ、リバウンドしにくい「片づけ」をご提案します。

キッチンの片づけに行ってきました(お片づけサポート2件目1回目)

出張お片づけサポートの実例

今回は「片づけたいけどおうちを見られるのが恥ずかしいから」と迷われていたM様のお片づけサポートに行ってきました。

「少し片づけてからお願いしようかな。」から数ヶ月。

私から声を掛けてみたらすぐに実現しました。(きっとご自分から言い辛かったんだと思います。)

ご依頼主:M様(40代主婦)
家族構成:夫婦と子ども(3歳)
住まい:マンション
間取り:3LDK
お悩み:どこに何を収納していいかわからない。収納スペースが少なくて収納できないモノが各部屋に置かれている。床にモノを置かないようにしたい。
おうち全体を見させていただいたところ、収納がない部屋もあり、収納スペースが十分とは言えません。
各部屋にスチールラックなどの収納家具も置かれていますが、それにも収納しきれず上へ上へ。床にもモノが置かれています。
押入れと廊下収納には「とりあえず使わないものを適当に押し込んだ」といった感じでした。

キッチンの整理

今回は、キッチンの整理をしました。

キッチンーBeforeー

整理収納前のキッチンの画像

整理収納前のキッチンの画像

全部出しまーす!

▼調理の道具、消耗品、食品など

キッチンに収納されていたモノの画像

▼食器、カトラリー、保存容器、お弁当グッズなど

食器棚から出した食器の画像

「いるモノ」「いらないモノ」をわけて「いるモノ」は使いやすい場所へもどしました。

今回は簡単に収納し、しばらく使っていただいて、さらに「いらないモノ」に気づいたら処分してもらいます。

なので、収納のご提案はあらためて。After画像もあらためて。

▼45リットル3袋の「いらないモノ」

キッチン整理で出たごみの画像

今回の作業時間は約6時間でした。

ご自身でも

M様は片づけに前向きです。整理の大切さに気づいていただき、ひとりで出来そうなところは頑張ってくれています。

1回目のお片づけサポートまでに洋服を45リットル3袋、1回目から2回目の間の1週間で、何に使うのか思い出せない板4枚、バスタオル、ブーツ、紙袋、薬を整理し処分。

また、「(キッチンの整理で)あんなに捨てたのに生活に支障がないし、お弁当作りが時短になった気がする。」とうれしい報告もいただきました。

次回は、押入れと廊下収納を片づける予定です。

※M様にはブログでの写真掲載等の許可をいただいております。

恥ずかしがらなくても大丈夫

今回の依頼主のM様と同じように「依頼したいけど散らかっているのを見られるのが恥ずかしい」という方が多いです。

私は歯医者さんに口の中を見られるのが恥ずかしいのですが、そんな感じなのでしょうか。

散らかったおうちを見られるのは恥ずかしいかもしれませんが、私にとっては「仕事」です。

片づいて喜んでいただけたらうれしいですし、片づくと私もすっきり気持ちいいです。

歯が痛かったら歯医者さんに行く感覚で、恥ずかしがらずにお片づけサポートに頼っていただきたいです。

歯科衛生士さんに虫歯の予防を教えてもらうのと同じように、もう二度と散らからないよう

一緒に片づけながらレクチャーさせていただきます。

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。
今回の記事「いいね」と思ったらクリックお願いします。

片付け・収納(個人)ランキング(にほんブログ村)
整理・収納ランキング(人気ブログランキング)

コメント