知らないより知っていたほうがいい「整理」「収納」「整頓」「片付け」の意味

「整理」「収納」「整頓」「片付け」それぞれの意味を知っていますか?

「整理収納」や「整理整頓」は四字熟語のようにひとまとめに使われることが多いですよね。
実は私もあまり深く考えずにこの言葉を使っていました。整理収納アドバイザー2級の講座を受講した時にはじめて、「整理」「収納」「整頓」「片付け」のそれぞれの意味を知りました。
意味の違いを理解しているかどうか…これから整理収納をはじめるにあたって、実はとても大切なことです。
みなさんにも整理収納を始める前にぜひこれらの意味の違いを知っていただけたらと思います。

整理

必要なものと不要なものを区別して、不要なものを捨てること。

収納

取り出しやすく、使いやすいように収めること。

整頓

見た目を美しく整えて配置すること。

片付け

使ったものを元の位置に戻すこと。

 

散らかった本を片付ける女性

意味がわかると、整理収納に必要な順番も理解しやすくなります。

整理収納にはリバウンドしないための順番があります。

①整理(不要なものを捨てる)

②収納(整理したものを使いやすいように収める)

③整頓(収納したものを見た目よく配置する)

④片付け(使ったものを元の位置に戻す)

おもちゃのブロックが床に散らばっている画像

よく、「片付けるために収納家具や収納グッズを買おうと思ってるんだけど、どんなのを買ったらいいの?」と聞かれます。

「それはちょっと待って~(^^;」です。

収納家具や収納グッズを買う前に・・・

まずは整理からはじめましょう。
次に、整理したものを使いやすく収納しましょう。
そして、その収納がもっと使いやすいように整頓しましょう。
使ったものは定位置に戻しましょう。

整理からはじめるなんて面倒くさいと思われるかもしれません。
でも、まず整理をしなければ必ずリバウンドします。一時的に片付いたとしてもまたすぐに散らかってしまうのは、整理ができていないからです。
逆に一度思いきった整理をすることで、日々の片付けや掃除が楽になり、綺麗なおうちを維持しやすくなります。

整理をはじめると、その日から何かが変わるのを感じられると思います。
感じ方は人それぞれですし、日によっても違うかもしれません。
整理することが気持ち良かったり、なんだか空しくなったり・・・。
でも、最終的にはほとんどの方が良い方向に動き始めるはずです。
なぜなら整理は、おうちの整理と同時に心の整理でもあるからです。

私たちの周りにはものや情報が溢れています。
自分が望んだり、選択していないのに、必要のないものがどんどん入り込んできます。
それらを整理しなければ、家の中も心の中も、もので埋まっていっぱいになってしまいます。
整理の方法やコツがわかれば不要なものの侵入を防ぐことができるようになります。

整理の方法やコツ、ポイントはこれからどんどん紹介していきたいと思いますので参考にしていただけたらうれしいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です