「整理」「収納」「整頓」「片づけ」の意味を考えたことはありますか?

散らかった本を片付ける女性の画像 片づけのハウツー

「整理」や「収納」の意味、知ってますか?

よく「整理収納」や「整理整頓」などひとまとめに使われていますよね。

私はそれぞれの意味を意識さえしたこともなく、どれも同じような意味でとらえていました。

整理収納アドバイザー2級認定講座を受講した時に教えていただいて「なるほど~💡」と納得できました。

 

意味の違いを理解しているかどうか…

 

片づけをはじめるにあたって、実はとても大切なことなので

みなさんもぜひこれらの意味を覚えておいてくださいね。

「整理」「収納」「整頓」「片づけ」の意味

整理

必要なモノと不要なモノをわけること。

収納

取り出しやすく、使いやすいようにしまうこと。

整頓

収納したモノを見た目よく整えること。

片づけ

使ったモノを元の位置にもどすこと。

意味がわかれば片づけの順番もわかります

実は片づけには順番があります。

  1. 整理(わける)
  2. 収納(しまう)
  3. 整頓(整える)
  4. 片づけ(もどす)

この順番を守らずして片づけは終わりません。

 

片づけるために収納家具や収納グッズを買おうと思っているそこのあ・な・た。

(ドキッ💦とした人 いますよね?)

 

整理は終わっていますか?

収納家具や収納グッズを買う前に…

何よりもまず整理からはじめてください。

 

整理が完璧にできたら、収納家具や収納グッズの解禁です。

(整理で不要になった空き箱などを利用するのもおすすめ。)

それらに、整理して残ったモノを使いやすく収納していきます。

 

見た目も美しい収納が心地よく感じる方は整頓にもこだわってみてくださいね。

片づけのためには「整理」が必要です

一時的に片づいてもまたすぐに散らかってしまうのは

整理ができていないから。

 

たった一度でいいんです。思いきって、整理をしてください。

 

現代の私たちの周りにはモノや情報があふれています。

自分が望んでいなくても、選択しなくても、必要ないモノがどんどん入ってきます。

何もしなければ、おうちの中も心の中も、モノで埋まっていっぱいになってしまいます。

 

整理は一生続きます。

(えーーー😓という声が聞こえてきそうです。)

 

でも、一度しっかりと整理をしたら、その後の整理はとっても簡単。

なぜなら、整理の方法やコツと気持ち良さを体感できているから。

 

整理の方法やコツは関連記事も参考にしてくださいね。

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。
今回の記事「いいね」と思ったらクリックお願いします。

片付け・収納(個人)ランキング(にほんブログ村)
整理・収納ランキング(人気ブログランキング)

コメント