人それぞれの「心地いい暮らし」を大切に、一生ご自身で片づけられ、リバウンドしにくい「片づけ」をご提案します。

機能的で低価格な化学繊維。必要にせまられて断捨離しました。

綿花の画像 わたくしごと

お盆に帰省した夜のことです。

クーラーで室温は快適なはずなのになかなか寝つけません。

すぐにピンときました。

原因はシーツとタオルケットの素材でした。

化学繊維の断捨離のきっかけ

30代半ばのある日、突然しっしんができました。

アレルギー検査ではいくつかの食べ物・ハウスダスト・花粉・金属などに反応することがわかりました。

ひどい時には全身にしっしんができて、そこから汁が出て「服にくっつく→固まる→動くとはがれる」の繰り返し。

着替えは一苦労、寝返りするたびに目が覚めました。

手にできた時にはペンを持つのも痛かったです💧

しっしんをきっかけに、少しでも肌への刺激を減らそうと、化学繊維など可能性あるものをどんどん処分しました。

機能的で低価格な化学繊維商品

化学繊維は石油などで科学的に合成・加工して作られた繊維です。

ポリエステル・ポリウレタン・ナイロン・アクリルなどが化学繊維です。

化学繊維はしわになりにくくて、洗濯やお手入れが楽です。

汗をかいてもすぐ乾く、触ると冷たく感じる、ストレッチ素材、保温力があるなど、機能的なうえに低価格なので、1枚も持っていないという人はいないかもしれません。

私も以前はインナーにヒートテックを着ていましたし、洋服も素材など気にせずに買っていました。

肌への刺激が強い化学繊維

化学繊維は、肌を乾燥させたり静電気を発生するので肌への刺激が強いそうです。

皮膚科では「肌が弱い人はもってのほか」と言われました。

肌の強さは個人差があります。

今は大丈夫な人も、私のようにある日突然 肌が荒れたりかゆくなるかもしれません。

肌が弱くなってからは、化学繊維が入っているかどうか、タグを見なくても肌が感じるようになりました。(ちなみにタグも化学繊維でできているので、すぐに切り取ります。)

直接 肌に触れるものから断捨離

しっしんの原因が化学繊維とは言い切れません。

でも、化学繊維と接触する部分がかゆくなるのは確か。

可能性がある下着や靴下など直接 肌に触れるものから処分しました。

着るとしっしんが悪化するのでためらわずに処分できました。

買い換える時は、天然素材(コットン・リネン・シルク)100%のものを探しました。

でも天然素材100%の下着や靴下ってなかなか売っていません💧

やっと見つけてもやたらお高い…。

レース付きは化学繊維なので×🆖。見た目はあきらめました😔

最終的に下着はお手頃価格の無印良品に落ち着きました。(当時は服を着た時のシルエットが残念な感じだったけど、今はかなり改善されています!!)

残念なことにタイツやパンストの天然素材100%は無印良品で扱っていません。

ネットでシルク100%のタイツとパンストを買っていますが…

庶民には高すぎます😅

下着と同時に衣類もどんどん処分しました。

新しく買う時には必ずタグで素材を確認します。

それまでは知らなかったけど、100%天然素材って少ないんですよね…。

そんな中、無印良品では、下着だけでなく、衣類も天然素材を使っているものがたくさんあることがわかりました。

もともと無印良品好きなのもあって、いまや私の衣類の8割は無印良品です😊

衣類だけでなく、直接肌に触れる寝具のカバーも天然素材を選んでいます。

この夏の暑さで、ニトリの“Nクールなど接触冷感寝具が大人気!

私は天然素材のリネン100%のシーツを使っています。

リネンの特徴は吸水性・速乾性・通気性です。

Nクールと比較したことはありませんが、リネンもひんやりさらさらで気持ちよくて快適に眠れます。

タオルケットは綿100%のファブリックプラスのガーゼケットを愛用しています。

しっとりやわらかくて肌触りがよく、朝までくるまって寝ています。もう10年近く使っていますが洗うたびにふわふわになってきました♡

断捨離で得られる「健康」

私の場合、化学繊維の断捨離は必要にせまられて…でした。

断捨離のきっかけも感じる効果も人それぞれですが「健康」も断捨離で得られる効果のひとつです。

健康に害を及ぼす「アレルギーのもと」「たばこ」「アルコール」「ストレス」など、断捨離してみませんか?

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。
今回の記事「いいね」と思ったらクリックお願いします。

片付け・収納(個人)ランキング(にほんブログ村)
整理・収納ランキング(人気ブログランキング)

コメント