お片づけのハウツー

「空き箱」は基本的には全捨てをおすすめ!ただし例外も

大量の空き箱が積まれている画像

「いつか売るかもしれない」「何かに使えそう」と空き箱をとっておいて、押入れが空き箱でいっぱいになっていませんか?

「いつか」とか「~かも」が来ることはほぼありません。

non
non
いつ使うかわからない空き箱で収納スペースを埋めるのはもったいない!

基本的に「空き箱は全捨て」をおすすめします。

ただし、例外がありますので「全捨て」の前にぜひこの記事を最後までお読みくださいね。

取っておいたほうがいい空き箱って?

基本は全捨てをおすすめする「空き箱」ですが、取っておいたほうがいい箱もあります。

それは次の2つ。

  • 季節モノの箱
  • 一定期間使ったら売るモノの箱

それぞれの理由は次のとおりです。

季節モノの箱

  • こいのぼり、五月人形
  • 扇風機
  • ストーブ、ファンヒーター
  • 加湿器
  • クリスマスツリー
  • ひな人形

これらは1年のうち数ヶ月しか使わないモノです。

使わない期間も出しっぱなしにしておくと邪魔になるし、ほこりも溜まるので、シーズンオフには収納しておきたいモノたち。

収納スペースにゆとりがあるなら、箱をすてて、袋に入れたり、布で覆って納戸などに置いておくのもOKです。

収納スペースに余裕がないのなら、箱は捨てずに取っておきましょう。

購入時の箱はその商品がぴったりコンパクトに収まるサイズですよね。

さらに、割と丈夫なことが多いです。

箱に収納すると、片づけた時に他の箱などを上に積むことができます。

▼わが家の扇風機の収納

1年に数回しか出し入れしないシーズンモノは、押入れの天袋や奥のほうに収納してもかまいません。

代わりに普段よく使うものを出し入れしやすい場所に収納しましょう。

収納スペースに困っているなら、シーズンモノ自体が必要なのか、他のモノで代用できないか見直してみるのもひとつです。

わが家には子どもがいないので、こいのぼりやひな人形はありませんが、買うとしたらなるべく小さなサイズを選ぶと思います。

クリスマスツリーは持っていません。クリスマスには街角やお店の大きなクリスマスツリーやイルミネーションを見て雰囲気を楽しんでいます。

どうしても飾りたいけど収納が…という方はタペストリーもおすすめです★

ストーブやファンヒーターも持っていません。代わりにエアコンと床暖房を利用しています。(お住まいの地域や建物によります。)

non
non
持っていないだらけですね~

さらに、冬にしか使わなかった加湿器は、壊れたタイミングで加湿空気清浄機に買い換えました。

冬の間は空気清浄機&加湿器として、それ以外の季節は空気清浄機として1年中使っているので収納の必要がなくなりました。

一定期間使ったら売るモノの箱

  • ベビー用品
  • おもちゃ
  • iphone など

一定期間だけ使用した後に誰かに「売る」「ゆずる」予定があるのなら、箱を残しておくことをおすすめします。

売る時には箱や説明書つきのほうが高く売れますし、発送する時にも便利です。(ちょうどいい箱がなかなか見つからないこともあるので…)

箱を残す場合は、折りたたんで平らにしましょう。

存在を忘れないように一ヵ所にまとめておくことをおすすめします。

まとめ

「明らかに不要なモノを捨てる」ことは、おうちで過ごす時間を快適にするための第一歩です。

でも「捨てすぎる」ことで暮らしが不便になってしまっては本末転倒。

基本的に「空き箱は全捨て」をおすすめしますが「季節モノの箱」と「一定期間使ったら売るモノの箱」は残してもOKです。

ABOUT ME
non
non
整理収納アドバイザー。苦手な家事を少しでも「楽に」「楽しく」するための片づけのコツや暮らしの工夫を考えたり調べることが大好き。お金をかけない収納が得意。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です