人それぞれの「心地いい暮らし」を大切に、一生ご自身で片づけられ、リバウンドしにくい「片づけ」をご提案します。

メルカリとヤフオク!を比較してみました

ゆずる・売る・捨てる方法

おうちをスッキリ片づけるにはまず整理が必要ですが、使えるものを捨ててしまうのはなんだかもったいないですよね。

自分にとっては不用品でも、誰かにとっては必要なものだったり、探しているものかもしれません。

私は18年くらい前からヤフオクを利用していました。

当時の夫はコレクター。

私もほしいものがたくさんありました。

売り切れてしまったもの、お店では買えないものなども手に入れることができ、当時はものを減らすためより、手に入れるために利用していました。

▼わが家のヤフオク評価画面

ヤフオク評価画面の画像

評価していただけないこともあったので、実際にはもっとやり取りをしています。

最後に利用したのは2013年12月。このころから、物欲がなくなったようです。

その後は「リサイクルショップ」を利用して断捨離していました。

2015年から「メルカリ」を利用するように。

メルカリが手軽で使いやすいのでもう5年もヤフオク離れしていました。

利用していなかった間にスマホが普及し、メルカリが誕生し、ヤフオクのシステムも変わっているかな?と気になったので調べてみました!

メルカリとは?

「フリマーケットサービス」を提供しているフリマアプリです。(※パソコンからも利用できます。)

出品者が売値を提示し、購入者が購入することで売り買いが成立します。

提示価格で即購入できるので出品から数分で売れることもあります。

ヤフオク!とは?

Yahoo! JAPANが提供する「オークションサービス」です。(※アプリもあります。)

出品者が最低落札価格と終了日時を設定し、落札者が落札することで成立します。

最低落札価格で終了することもあれば、落札したい人が競り合って高値がつくこともあります。

※定額で出品する「フリマ出品」もありますが、出品時の設定項目の一部が制限されます。

月額使用料と手数料

メルカリヤフオク!
月額使用料0円498円(プレミアム会員費)
出品手数料0円0円
販売手数料10%8.64%
振込手数料210円0円

ヤフオク!に出品するには月額498円のYahoo!プレミアム登録が必要です。

会員になるとヤフオク!の出品ができるだけでなく、Yahoo!ショッピングLOHACOでのお買い物でポイントが5倍になるなどの特典があります。

高いと感じるかは人それぞれ。(私は高いと感じます。)

振込手数料とは、売上金を自分の銀行口座に振込する時の手数料です。

ヤフオクは無料ですが、メルカリは1万円未満の場合は210円かかります。

また、売上金の振込申請期限があり、3ヶ月利用しなかった場合、登録した銀行口座に自動的に振込まれます。

※Yahoo!プレミアム会員のお得な特典はYahoo!プレミアム会員のサイトをご覧ください。
※ヤフオク!アプリからオークション出品する場合は、Yahoo!プレミアムに登録していなくても出品できますが、販売手数料が10%になり一部の機能が制限されます。

ユーザー層と売れやすいもの

メルカリ

ウィキペディアには「もともと20~30代の女性に人気だったが、2017年時点で40~50代の男性の出品も増加してきている」と書かれています。

実際に利用しているとやはり女性が多くて年齢層が若めだと感じます。

衣類・日用品・ベビー用品など生活に関するものがよく売れるので、家庭にある不要なものを処分するのにぴったりです。

ヤフオク!

ヤフオクの利用者は30~50代の男性が多いです。

バイクなどの高額な商品もやりとりされています。

コレクターグッズ・限定品や非売品など、マニアックなものや入手困難なものはヤフオクのほうが高く売れます。

登録と出品のしやすさ

はじめて出品する時には、どちらも登録が必要です。

メルカリは、本人情報の登録だけでいいので5分もあれば登録でき、すぐに出品することができます。

一方、ヤフオクは、Yahoo!JAPAN IDの登録、Yahoo!プレミアム会員登録、モバイル確認、出品者情報登録といくつかの登録が必要なのでメルカリに比べるとめんどうです。

出品の方法はどちらも必要な項目を入力または選択するだけです。

どちらもわかりやすい画面になっていますが、ヤフオクのほうが項目が多いので、初心者の方にとってはメルカリのほうが簡単です。

メルカリは慣れれば3分で出品できてしまいます。

メルカリで出品する流れ

出品する時には、画面右下の「出品」をタップします。

  1. 商品の画像を登録する
  2. 商品名と説明を入力する
  3. 商品の詳細(カテゴリーと商品の詳細)を選択する
  4. 配送について(配送料の負担、配送の方法、発送元の地域、発送までの日数)を選択する
  5. 販売価格を入力する
  6. 「出品する」をタップする

ヤフオク!で出品する流れ

出品する時には、画面右上の「フリマ出品」または「オークション出品」をクリックします。(※今回はパソコンから「オークション出品」する場合の流れです。)

  1. カテゴリを選択し、「このカテゴリに出品」をクリック
  2. タイトルと説明を入力する
  3. 販売形式を選択する
  4. 価格設定を入力する
  5. 個数と開催期間を選択する
  6. 決済方法、発送元の地域、送料負担、発送方法、発送日までの日数、商品の状態、返品の可否を選択する
  7. 画像をアップロードする
  8. 「確認画面へ」をクリックし内容を確認する
  9. 問題がなければ「出品する」をクリックする

やり取りのしやすさ

メルカリでのやりとり

出品中のやりとり

コメントから「○○円なら購入したいのですが…」などの値下げ交渉があります。

「○○円までなら可能です。」「値下げは考えておりません。」などの回答をしましょう。

私も最初は意味がわからなかったのですが「購入してもいいですか?」というコメントがあります。

出品者によっては独自のルールで「コメントなし購入禁止」とされていることがあるようです。

「購入してもいいですか?」には「よろしくお願いします。」などの回答をしましょう。

購入されてからのやりとり

お金のやり取りはメルカリが仲介してくれます。

購入者が入金するとメルカリから連絡があります。

発送方法は出品時にメルカリ便を選んでおくと便利。

メルカリ便ならお互い匿名で、あて名書きも不要です。

また、取引画面で配送状況が確認できたり、配送トラブルの際は補償もあります。

メルカリ便にはらくらくメルカリ便、ゆうゆうメルカリ便、大型らくらくメルカリ便があります。

らくらくメルカリ便ゆうゆうメルカリ便大型らくらくメルカリ便
発送場所ヤマト営業所、ファミリーマート、サークルK、セブンイレブン郵便局、ローソン
集荷×集荷・梱包・搬出はプロにおまかせ
受取場所自宅、ヤマト営業所、ファミリーマート、サークルK、セブンイレブンなど自宅、郵便局、ローソン、ミニストップ、宅配ロッカー「はこぽす」搬入・設置・資材回収はプロにおまかせ
対応サイズネコポス、宅急便コンパクト、宅急便60~160サイズゆうパケット、ゆうパック60~100サイズ200~450サイズ(タンス・冷蔵庫・ベッド・ソファなど)
宛名書き不要不要必要
匿名配送×
配送追跡
補償

​ヤフオク!でのやりとり

出品中のやりとり

質問があれば質問に回答しましょう。

アクセス数やウォッチリスト数を見て、アクセス数を増やしたい場合は、有料オプションの設定をすることもできます。

落札されてからのやりとり

出品した商品が落札されたら、取引ナビで取引を行います。

出品時に送料を「あとから連絡」として出品した場合は、取引ナビで送料を連絡します。

落札者から支払い完了連絡が届いたら売上金管理ページで「受取連絡待ち」で確認し商品を発送します。

ヤフオクの発送は出品時にヤフネコ!パックかゆうパック・ゆうパケット(おてがる版)を選んでおくと便利です。

ヤフネコ!パックゆうパック・ゆうパケット(おてがる版)
発送場所ヤマト営業所、ファミリーマート、サークルK郵便局、ローソン
集荷×
受取場所自宅自宅、郵便局、ローソン、ミニストップ、宅配ロッカー「はこぽす」
対応サイズネコポス、宅急便コンパクト、宅急便60~160サイズゆうパケット、
ゆうパック60~170サイズ
宛名書き不要不要
匿名配送
※2018年8月~
匿名配送になりました!
配送追跡
補償ゆうパケット×
ゆうパック○

初心者が利用しやすいのはメルカリ

初心者が利用しやすいのは、だんぜんメルカリです。

メルカリならアプリのダウンロード→登録→出品まで15分もあればできてしまいます。

また、メルカリ便を利用すれば、出品者も落札者もお互いに名前や住所などの個人情報を知られずに取引ができるので安心です。

ただ、手軽だから良いとは一概には言えません。

これはユーザー層にも関係しているのかもしれませんが、メルカリではありえない値下げ交渉、取引きメッセージに無反応の方(必須ではありませんが…)など、ヤフオクに比べると非常識な方が多いです。

良いようにとらえれば、フランクな雰囲気なので気軽に利用できます。

💡高く売りたいならヤフオク、早く売りたいならメルカリです。

メルカリはフリーマーケット形式なので購入は早い者勝ちです。

早ければ出品して数分で売れることもあります。

ただし、出品した値段以上の価格では売れません。

利用者は20~30代の女性が多いので、衣類・日用品・ベビー用品などが売れやすく、高いものは売れにくいです。

特にブランド品やコレクションはヤフオクのほうが高く売れることが多いです。

最後に

今回、メルカリとヤフオクを比較してみて、メルカリでなかなか売れなかったものをヤフオクで出品してみようと思いました。

結果はまたご報告させていただきたいと思います。

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。
今回の記事「いいね」と思ったらクリックお願いします。

片付け・収納(個人)ランキング(にほんブログ村)
整理・収納ランキング(人気ブログランキング)

コメント