人それぞれの「心地いい暮らし」を大切に、一生ご自身で片づけられ、リバウンドしにくい「片づけ」をご提案します。

整理&分類した「書類」をすっきり収納する方法

レシートの画像 わが家の整理収納

今回は書類の収納について。

まだ「整理」が終わっていない方は必ず「整理」を終わらせてくださいね。

▼書類の「整理」の方法はこちらの記事を参考にしてください。

https://happie-living.com/organize_books/

書類の収納に便利なグッズはいろんな種類があり、収納方法もたくさんあります。

私はシンプルな方法をおすすめします。

なぜなら、細かく分類しすぎるとどこに保管したのかわからなくなってしまうし、出し入れの際のアクション数が多いと片づけるのがめんどうになってしまうから。

ついつい出しっぱなしにしてしまう書類。

一度がんばって片づけやすさを考えた収納方法を作ってしまえば、誰でも片づけられるようになりますよ。

書類を収納するスペースを決めよう

まず、その書類を収納するスペースを決めておきましょう。

わが家では書類は全て1ヶ所にまとめて収納していますが、おうちの間取りや収納スペースはそれぞれですよね。

使い勝手を考えて、取扱説明書はリビングに、重要書類は押入れの奥に…など、使用する場所に収納したり、使用頻度によって収納場所を決めるのもOKです。

▼わが家の書類収納スペース

わが家の書類収納スペースの画像

書類の収納に便利なグッズ

これからご紹介するのは、私がこれまで試してみて使いやすかった収納グッズや現在使っている収納グッズ、これから試してみたい収納グッズです。

100均で買えるものもありますので、いくつか試してみてご自身に合った収納を探してみてくださいね。

クリアホルダー

挟むだけのお手軽なクリアホルダー。書類の一時的な保管や分類をする時に便利です。

クリアホルダーの画像

クリアファイル

クリアファイルには、差し替え式(中身を追加できるタイプ)と固定式のタイプがあります。追加したり順番を変えることが少ない書類の保管にはスリムに収納できる固定式がおすすめです。

穴をあけたくない書類の保管にもおすすめです。

▼固定式のクリアファイル

▼差し替え式のクリアファイル

ファイルケース

蓋を開けて入れるだけの簡単収納。わが家では年賀状の収納に使っています。

ファイルボックス&個別フォルダー

ファイルボックスは単体でも使えますが、個別フォルダーと組み合わせると最強です!
個別フォルダーに挟んで、ファイルボックスに入れるだけですっきり収納。必要なフォルダーだけをすぐに取り出せたり、並び替えたりできます。

ドキュメントファイル

ジャバラ式のドキュメントファイルはサイズがバラバラな書類の保管に便利です。
パカッと広がるので出し入れしやすいですし、持ち運びにも便利です。

▼私も使っているドキュメントファイル

レター(書類)ケース

その名のとおり、郵便物やチラシやおたよりなどの一時的な保管に便利です。

段によって分類ができるので必要な時に必要なものがすぐに探せます。

ずっととっておく重要な書類の収納

重要な書類は穴をあけずに保管できるクリアファイルがおすすめです。

めったに見ないので出し入れのしやすさはあまり考えなくてOKす。

背表紙には必ずラべリングをしておきましょう。

一定期間とっておく書類の収納

保険・クレジットカード・銀行口座などに関する書類

保険の補償内容を確認したり、クレジットカードの利用可能枠を確認したり…時々見たり出し入れすることがある書類の収納には見開きできるクリアファイルがおすすめです。

固定式で10~20ポケットくらいのスリムなものが使いやすいです。

▼固定式のクリアファイル

クリアファイルの画像

保険の保証内容の案内は1年に1度、クレジットカードの案内は数年に1度、新しいものが送付されてきます。

その際に古いものは処分し、新しいものを保管しましょう。

給与明細・年末調整関係書類・年金証書・年金手帳など

パカッと広がるドキュメントファイルは出し入れもしやすく持ち運びに便利。

サイズがバラバラな書類の保管にも便利です。

医療費の領収書

病院の領収書は、確定申告等の医療費控除や子ども医療費助成制度を利用する場合に必要になります。

年に1度(または数ヶ月に1度)提出するためだけなら、失くさないことが大切なのでファイルケースにぽんぽん入れるだけの収納でもOKです。

時々見ることがあるならA5サイズのクリアファイルがおすすめ。(病院の領収書はA5サイズが多いです。)

取扱説明書の収納

取扱説明書は種類が多く、厚みやサイズがバラバラなのでファイリングしづらいですよね。

取扱説明書専用のファイルなら厚めの取扱説明書も入り、保証書・CD-ROMも一緒にすっきりとじられます。

また、整理収納やお片付けのブログなどでよく紹介されているのは、個別フォルダーにはさんで、無印良品やニトリのファイルボックスに入れる方法です。

使いやすさはもちろん見た目もすっきりで素敵です。

私の場合はなるべくお金をかけたくないので、家にあった無印用品のアルバム5冊セットの箱を再利用しています。

冊子になっているものはそのまま入れるだけ、ミニサイズや1枚ものはクリアホルダーに挟んで入れるだけの簡単な収納です。

わが家の取扱説明書の収納の画像

また、マンションの設備関係の取扱説明書は、家電などとは別にしてドキュメントファイルに収納しています。

収納を維持するために

書類がいろんな場所に散らかるのは置く場所が決まっていないからです。

郵便物・お子様が学校から持ち帰ってきたおたよりなどをいったん置いて(入れて)もらうスペースを決めて、家族にも「書類はここに置いて(入れて)ね。」と協力してもらいましょう。

書類はすぐに片付けるのが理想ですが、そんな余裕がないのが現実ですよね。

「後でゆっくり見よう」「後で記入して提出しよう」「データ化してから処分しよう」という書類は、一時的に保管しておく場所を決めて、時間がある時に処理したりそれぞれの保管場所へ収納するのがおすすめです。

わが家でも一時保管場所を作っています。

▼100均の書類トレー+スタッキングラックを使った一時保管場所

わが家の書類収納ケースの画像

1段目に未処理・保留の書類を、2段目にPDF化してから捨てる書類を入れて、時間がある時に、あるべき場所にとじたり、処理するようにしています。

3段目には税金などの納付書を入れています。

同じ種類をダブルクリップで挟んで入れるだけの楽々収納。保存期間もラベリングしています。

わが家の領収書の収納の画像

まとめ

  • 書類を一時的に置いて(入れて)おく場所を作る
  • 全ての書類の収納場所を作る
  • わかりやすい分類にする
  • 出し入れしやすい収納にする
  • 中身がわかるようにラベリングする

この5つを意識して一度がんばって収納方法を作ってしまえば、必ず誰でも片づけられるようになります!

ぜひやってみてくださいね。

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。
今回の記事「いいね」と思ったらクリックお願いします。

片付け・収納(個人)ランキング(にほんブログ村)
整理・収納ランキング(人気ブログランキング)

コメント