人それぞれの「心地いい暮らし」を大切に、一生ご自身で片づけられ、リバウンドしにくい「片づけ」をご提案します。

「小物」収納のコツは「まとめる」「仕切る」そして「定位置」を決める

すっきり片付いた部屋の画像 片づけのハウツー

家中にたくさんありすぎてなかなか片づかない「小物」。今回はそんなちょっとやっかいな「小物」の収納のコツをご紹介します。

▼「小物」の整理はこちらを参考にしてください

家中に散らばっている「小物」を整理しましょう
「文房具」「安全ピン」「アクセサリー」「古いお守り」「キャンドル」「体重計」「消耗品」「リボン」「ホッカイロ」「電池」など・・・ ほとんどのおうちで、家中いたるところにたくさん散らばっているので… 続きを読む

「小物」が片づかない理由

小物が片づかず散らかってしまうのには2つの理由があります。

  • 小さなものが多く、形や大きさがバラバラだから
  • 片づける場所が決まっていないから

小さくて種類が多い小物。

そのまま引き出しに入れたり、収納ボックスに入れてもごちゃごちゃになって、どこに何があるのかわからなくなってしまいます。

「小物」収納のコツは「まとめる」と「仕切る」

「小物」の収納のコツは「まとめる」と「仕切る」です。

まとめる

  • 同じカテゴリーのものをまとめる
  • 一緒に使うものをまとめる

同じカテゴリーのものをまとめる

同じカテゴリーのものとは「文房具」「裁縫グッズ」「薬」「工具」などのことです。

同じカテゴリーのものをまとめると、どれくらい持っているのかが一目でわかってむだ買いや二度買いがなくなります。

わが家の小物収納の画像

細々した小物は引き出し収納が便利。

ラベリングをしておけば、どこに何が入っているか一目でわかります。

一緒に使うものをまとめる

例えばアイロン。アイロンとアイロン台は一緒に収納している方が多いと思います。スプレーやほこりを取る粘着テープも一緒に収納すれば、わざわざ別の場所に取りに行かずにすみますよね。

わが家ではメルカリで売れたものを発送する時に使うものをセットにしています。

▼わが家の梱包セット

梱包グッズをセットにした収納の画像

他には、玄関に「宅配セット(印鑑とボールペン)」、冷蔵庫に「朝食セット(バター・ジャム・ヨーグルト・シリアル・ハム・チーズ)」、食器棚に「来客用のお茶セット」、食卓に「カトラリーセット」など、ご家庭によっていろんなセットができそうです。

かごやボックスにまとめて入れておいて、使う時にはそれごと取り出せば楽ですよね。

よく使うものほど まとめておくと便利です。

仕切る

同じカテゴリーにまとめた「小物」は、その大きさや量に合った収納スペースや、引き出し・カゴなどの収納グッズに入れていきます。

でも、そのまま置いたり入れるだけではごちゃこちゃになってしまいますよね。

収納場所や収納するものによって、小さく仕切ったり大きく仕切ったりします。

小さく仕切る

▼デスクの引き出し収納

わが家の文房具の収納の画像

文房具の仕切りには無印良品の整理トレーがおすすめ。付属の仕切り板でトレー内をさらに仕切ることもできます。

▼電池・ライターなどの収納

わが家の小物収納の画像

これはIKEAの収納ボックスです。細かく仕切れるボックスは小さなものを収納しやすいです。

大きく仕切る

押入れなどの大きな空間は、カラーボックスやアルミラックなど棚で仕切ると使いやすくなります。

▼カラーボックスで仕切った収納

わが家の収納棚の画像

▲わが家の廊下の収納です。カラーボックスで仕切っています。裁縫道具、アイロン、布、ミシン 一緒に使うものをまとめて収納しています。

▼棚で大きく仕切って、収納グッズで小さく仕切る

わが家の収納棚の画像

▲わが家の納戸の中です。以前の住まいで使っていた棚を再利用しました。

すべての小物に定位置を

はじめに書いたとおり、小物が家中に散らかってしまう理由のひとつは置き場所が決まっていないから

「まとめる」と「仕切る」で、すべての小物の置き場所を作りましょう。

定位置が決まれば、これからは 出して、使って、もどせば もう散らかりません。

と言いたいところですが・・・

「置き場所を決めたのに家族が片づけてくれない😢」なんてことも。

定位置を決めるポイント

置き場所を決めても、片づけられない理由はただひとつ。

「片付けるのがめんどうだから」

なぜめんどうなのかと言うと・・・

  • 片付ける場所が遠い
  • 踏み台が必要
  • アクション数(※)が多い
  • どこにもどしていいかわからない などです。
※アクション数とはものと取り出したりしまう時の動作の回数です。
例えばペンを片付ける場合、①引き出しを開ける→②ペンを入れる→③引き出しを閉める で3アクションです。

使う場所の近くに収納

使う場所の近くに使いたいものを収納しておけば、わざわざほかの部屋まで取りに行かなくていいしので片づけも楽です。

たとえば、子どもが小さいうちはリビングで遊んだり勉強しますよね。おもちゃや宿題を子供部屋から持って来たり片づけたりするのは子どもにとっては大変。

リビングに収納スペースがあれば、片付けるハードルがぐんと下がります。

キッチンで使うもの、洗面所で使うもの、寝室で使うもの、リビングのソファーで使うもの…

じっくりと見直してみてください。思い込みで収納しているものがあるかもしれません。

出し入れしやすい収納

よく使うものほど、出し入れしやすい場所に収納しましょう。

毎日使うものは1アクションの見える収納がおすすめです。

鍵の収納の画像

みんながわかる収納

収納グッズや引き出しに収納したら、中に何が入っているのか一目でわかるようにラベリングをしましょう。

ラべリングをしておけば、家族から「○○どこ~?」と聞かれることが減ります。

聞かれても「×××の△△にあるよ。」と言えば自分で取りに行ってもらえます。

「定位置」は時々見直しましょう

「小物」収納のコツは「まとめる」「仕切る」そして全部の「定位置」を決めることです。

「定位置」は出し入れしやすい場所にしてくださいね。

出し入れのしやすい場所は、出し入れをする人の背の高さ、家族構成、生活動線、ライフスタイルなどによってさまざまです。

わが家は10年以上ライフスタイルも家族構成も変わっていません。それでも、時々、思い込みがないかな~と探しています。そしていまだに見つかります。

収納ひとつで、ほんとうに家事や片づけが楽になります。

「必要なもの」や「定位置」はずっと同じではありません。

家族構成の変化などによってどんどん変わっていきます。

年に1度でもいいので見直してみてくださいね。

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。
今回の記事「いいね」と思ったらクリックお願いします。

片付け・収納(個人)ランキング(にほんブログ村)
整理・収納ランキング(人気ブログランキング)

コメント