人それぞれの「心地いい暮らし」を大切に、一生ご自身で片づけられ、リバウンドしにくい「片づけ」をご提案します。

収納は多ければ多いほうが、大きければ大きいほうがいいの?

わが家の整理収納

住宅を購入する時に何を重要視しますか?

「住宅を購入する時(借りる時)に何を重要視しますか?」というアンケートで、“収納の多さ”という回答が必ず上位にランキングすると聞いたことがあります。

本当に収納が多いほうがいいのでしょうか?

私の住まいと収納の変化について

私はこれまでに4回の引っ越しを経験しました。

ワンルーム(10代後半~20代)

中学生のころから一人暮らしに憧れていた私は京都の大学に進学。

ワンルームマンションでの一人暮らしがはじまりました。(1回目)

大学卒業後、就職と同時にもう少し広めのワンルームマンションへ引っ越し。(2回目)

夫との二人暮らしがはじまりました。

キッチンが狭いなぁ…収納が少ないなぁ…と不便を感じつつもそれなりに暮らしていました。

UR公団の3K(30代前半)

結婚を機に3K(44平米)のUR公団へ引っ越し。(3回目)

キッチン+和室3部屋の間取りに、押入れが2ヶ所+押入れの半分サイズの収納が1ヶ所、さらにベランダにも大きな収納がありました。

引っ越し後は有り余る収納だったのに、6年かけてパズルのように隙間なくモノが収納されたのでした…。

収納が得意なだけにモノが増えてしまいました…

見積りでは、家具が少なく一見すっきりなわが家を見て「2トン車で余裕ですね~」と言われ、「押入れに(夫のコレクショングッズが)たくさん入ってるんですけど…。」と伝えたものの「大丈夫です◎」。

引っ越し当日、2トン車が空いていなかったそうで、2トンロング(3トン)車が来てくれたおかげでギリギリ積み込めたという…。

もちろん予定時間では終わらず、わが家の後に予定していたお宅は、ほかの人と別のトラックが手配されていました…。

2LDKマンション(30代後半~現在)

30代後半に2LDKマンションへ引っ越し。(4回目)

44平米→62平米と面積は広くなりましたが収納スペースは半分ほどになりました。

収納は、クローゼット2ヶ所、1畳ほどの納戸、小さな廊下収納、シューズクローゼットのみです。

どうやって収納しよう?

引っ越しを機にたくさん捨てたつもりでも、まだまだ不要なモノが出てきました。3K時代に6年かけて増やしたものをコツコツ断捨離しました。

が・・・

夫のコレクションが減らせず、段ボール箱のまま山積み。新居の一室は「開かずの間」になりました。

「開かずの間」と「夫のコレクション」は私にとってかなりのストレスでした。「片づけて!」「捨てて!」と何度か喧嘩もしました。

私にとっては「不要なモノ」でも、夫にとっては「大切なモノ」なんですよね。

夫もずっと気になっていたし、片づけたかったけど、どこからどうやって片づけていいのかわからなかったそうです。

整理収納アドバイザー1級2次試験のテーマにして片づけることができました!!

アドバイザーの勉強をしたおかげで、夫の価値観も受け止められるようになりました。

収納が多いほどモノも多くなります

わが家の場合は収納のスペースに合わせてモノが増えていきました。

モノは収納すれば、一見して部屋はすっきりしています。

  • 収納スペースがたくさんある
  • 収納が得意な人

ほど無意識にモノが増える可能性があります。収納スペースからモノがあふれてきて、ようやくその多さに気づくことも。

無意識にモノを増やさないためにはあえて少ない収納を選択するのもひとつかもしれません。

また、普段から整理(「必要なモノ」と「不要なモノ」をわけること。)することも大切です。

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。
今回の記事「いいね」と思ったらクリックお願いします。

片付け・収納(個人)ランキング(にほんブログ村)
整理・収納ランキング(人気ブログランキング)

コメント