人それぞれの「心地いい暮らし」を大切に、一生ご自身で片づけられ、リバウンドしにくい「片づけ」をご提案します。

家族がモノを捨ててくれない、片づけてくれないとイライラしたり悩んでいる方へ

頭を抱えて困っている女性の画像 わが家の心地いい暮らし

先日、夫から「nonの宝物って何?捨てられないモノ・捨てたくないモノってある?」と聞かれました。

答えは人それぞれ、正解も不正解もないけど、私にとって大切なのはモノよりコト(事)

宝物も捨てられないモノも捨てたくないモノもありません。本当に大切なモノは手元になくても思い出として記憶に残っているから。

例えば、子どもの頃におじいちゃんが作ってくれた竹とんぼ。いつの間にかなくしてしまったけど、竹とんぼが空高く飛んで行った光景や竹とんぼを作っているおじいちゃんの姿、子どもの頃にはわからなかったけど大人になって気づいた私への愛情など…竹とんぼそのものよりも、ずっとずっと大切です。

今の暮らしに必要なモノだけで充分

モノを持ったら維持・管理が必要になります。私はその労力や時間やお金を他のコト(事)に使いたいです。なので、今の暮らしに必要なモノがあればそれで充分です

私にとっては「コト」=体験・経験のほうが大事♪

冒頭の質問の数日後、夫が「この前のnonの答えを聞いたら自分のコレクションを全部手放してもいい気がしてきた。」と言ってきました。

▼夫のコレクションの一部わが家のトイ・ストーリーコレクションの画像

モノを捨てない家族に困っている人にとってはまたとないチャンス到来ですよね(笑)。

以前の私なら気が変わらないうちに!とすぐに背中を押していたと思います。

でも私の口から出た言葉は「大切なモノとその数は人それぞれだから私に合わせなくていいよ。」でした。

長年夫のコレクションに困ったり、減らないかな~って悩んでいたのに…

夫のコレクションが気にならなくなった

家族がモノを捨ててくれない、片づけてくれないとイライラしたり悩んでいる時は、実は自分自身にやりかけのことや後回しにしていることがあると聞いたことがあります。

それからは、夫が不要なモノをたくさん持っている(イライラ)と思ったら、自分の持ち物をチェ~ック。すると、やっぱり不要なモノが出てきます。夫がいつもゴロゴロしている(イライラ)と思ったら、その姿が見えない場所で、自分の用事を済ませます。

そんなことを繰り返していくうち、自分の持ち物はいつの間にかスッキリ!不思議なことにいつの間にか夫の持ち物は気にならなくなってきました。

相手に対しての不満は実は自分への不満?

相手に対しての不満は実は自分への不満なのかもしれません。

家族が片づけてくれない!とイライラしているあなた。

あなたは完璧に片づけていますか?
自分の持ち物の中に不要なモノはひとつもありませんか?
何かやりかけのコトはありませんか?

家族に対していつも優しく笑顔で・・・そうできたらいいけどなかなか難しいですよね(^^;

イラッとしたら自分が今できることに目を向けて集中してみてください。しばらくしたら気持ちが収まって、少し優しい気持ちになれるかもしれません。

家族に変わってほしいなら

まずは自分が変わりましょう。自分の持ち物をすっきり完璧に片づけてみてください。

自分の意識や行動が変わっても、相手が変わるかどうかはわかりません。

でも、やってみないとわかりません。

わが家の場合は変わりました。

コレクションはかなり整理してくれて、体積で表すと半分くらいに減ったと思います。また、コレクションを収集していたのはもう10年以上前のこと。モノを維持・管理する大変さを実感して、もう収集しないと決めているそうです。

コレクターの夫も実はモノが少ない空間のほうが快適なタイプだったのです。

夫から、モノを捨てられない人や片づけられない人の気持ちを教えてもらっています。

夫の場合は、意識は変わっても行動に移すのには時間がかかるタイプのようですが(^^)

意識や行動が変わるには、よっぽどの衝撃か時間が必要なんだと思います。

でも、自分が変われば、相手が変わらずそのままでも気にならなくなることもあります。

人を変えるより自分が変わるほうが楽ですよ~♪

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。
今回の記事「いいね」と思ったらクリックお願いします。

片付け・収納(個人)ランキング(にほんブログ村)
整理・収納ランキング(人気ブログランキング)

コメント