絶対にこれ以上ものを増やさない3つの方法

断捨離でたくさん捨てて一度はすっきりしたはずなのに、気づいたらまたものが増えていた…ということはありませんか。

それもそのはず。1人が1日に1個、不要なものを持ち帰ると、4人家族なら、1年間で1,460個もの不要なものが家に入ってきます。
普通に生活をしているだけで、ものは増える一方です。

例えば、子どもの学校のおたより、ポストに入っていたチラシやダイレクトメール、街頭で配られていたティッシュやサンプル、ドラッグストアでもらった試供品、お弁当についていた割りばしやおしぼり、お菓子や飲み物についていたおまけ、金融機関でもらった粗品、ご近所さんからのいただき物などなど…

散らかった部屋の様子また、仕事帰りにふらりと寄ったコンビニで美味しそうなスイーツを買ってしまったり、スーパでは「セール」「お買い得」「期間限定」のキャッチフレーズについ余分に買ってしまうこともあると思います。

これ以上ものを増やさない3つの方法

これ以上ものを増やさないようにするために次の3つのことを“意識”してください。

必要なものしか買わない

スーパーでは、無意識にたくさんものを買わせるためのワナが満載です。
レジ待ち中にレジの近くのお菓子をカゴに入れてしまったことはありませんか?
試食品を食べて「買わないと悪いかな?」と買ってしまったことはありませんか?

また、少し遠出をしたり、旅先で「せっかく来たんだから」と無理にお土産などを買ったことはありませんか?

福袋の中に入っていた洋服は自分の好みでしたか?サイズは合いましたか?

買い物をする時は、必要なものを必要な量だけ買いましょう。

無料のものはもらわない

銀行や新聞屋さんがくれる粗品は、自分では買わないものだけど、あれば便利そうなもの、使うかもしれないものが多いですよね。
よくいただくのがマグボトルや貯金箱。すでに家に何個もありませんか?
せっかくいただくなら、洗剤やラップ、ティッシュなど必ず使うものだけもらいましょう。
また、スーパやコンビニでは割り箸やスプーンやおしぼりを余計にもらわないようにしましょう。
断ることは悪いことではありません。使わない(捨てる)ものをもらわないのは環境保護にもつながります。

また、どのお宅にもたくさんあるのが、ホテルのアメニティグッズ。
持ち帰って使いますか?使わないのなら持ち帰らないようにしましょう。

不要なものは捨てる(またはすぐに使う)

不要なものを持ち帰ってしまった場合は捨てるか、すぐに使うかのどちらかです。ぜったいにどこかに収納しないように。
まず挑戦するのにおすすめなのは、ポストに入っているチラシです。
帰宅直後は忙しいので、「後で確認しよう」とキッチンカウンターなどに置きっぱなしにしていませんか?
これからは置く前にいる・いらないを確認しましょう。そして、いらないものはすぐにごみ箱へ。わけるのには1分もかかりませんし、習慣化しやすいので、ぜひ意識してやってみてください。

不要なものを捨てることを習慣に

どんなことでも“意識”して続けていれば、いつの間にか“無意識”にできるようになります。
“無意識”にできるようになった時には、それが“習慣”になっているはずです。

不要なものを捨てることを“習慣”にしてしまえば、二度とものが増えることはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です