自分や家族にとっての「心地いい暮らし」「居心地のいいおうち」を想像してみる

片づけのハウツー

私は片づけの色んな情報を知るために、SNSやブログなどを検索しまくり、本屋さんでは片っ端からお片付け本を(ごめんなさい)立ち読みさせてもらっています。

  • 北欧インテリアやかわいい雑貨
  • 真っ白な収納グッズで美しく整った収納
  • モデルルームのようにすっきりとした生活感のない部屋

素敵ですよね~。憧れますよね~。

 

私はお金持ちではないので、家具や雑貨は気軽に買えません。

でも、100円ショップの収納グッズなら気軽に買えてしまいます。

 

収納にはまっていた時期は、見た目が第一。

 

100円ショップをはしごして

見た目がよくなるためのグッズをわざわざ探し出し

「安いわ~♪」とたくさん買っていました。

 

収納内も色や形がそろった収納グッズを並べて自己満足。

調味料は詰替え容器にせっせと詰替えていました。

 

夫から「何だか疲れる。」と言われても聞き耳持たず…

 

家中のホワイト化が終わってようやくハッとしました。

 

詰替えは衛生面が気になり、詰替える手間もあります。

収納の中に収納するのは出し入れに手間がかかります。

 

めんどくさがりな私には合わないことに気づきました。

自分にとっての「居心地のいいおうち」を

SNSやブログ、本や雑誌の素敵なインテリアや収納をそのまま真似することは簡単です。(お金さえあれば。)

 

それは自分や家族にとって「居心地のいいおうち」ですか?
その暮らしを維持できますか?

 

片づけをはじめる前に

自分や家族にとっての「心地いい暮らし」や「居心地のいいおうち」を想像してみてください。

わが家の「心地いい暮らし」

わが家の心地いい暮らしは「生活をシンプルに、心穏やかに過ごす」こと。

 

そのために↓こんなことしています。

 

  • 取り出しやすくしまいやすい収納
  • 消耗品の定番化とストックの数を決める
  • インテリアや雑貨はカラフルなものは買わない
  • 家具や家電はシンプルな機能・デザインで掃除しやすいものを選ぶ
  • 家具はなるべく木製のものを選ぶ(無印良品率高め)
  • プラスチック製品を増やさない
  • 身の丈にあったお金の使い方

わたしの「心地いい暮らし」

わたしの心地いい暮らしは「家事や掃除を楽にして、空いた時間を好きなことに使う」こと。

 

そのために↓こんなことしています。

  • 自分の持ち物はなるべく少なく
  • 隠す収納(その中は一目でわかる収納)
  • お金をかけない収納
  • 働きすぎない

「心地いい暮らし」は十人十色

 SNSやブログ、本や雑誌を見てそのまま真似をすれば一時的には片づきます。

でも、その状態を維持することはとっても大変です。

なぜなら、ネットや本で見た誰かと自分の「心地いい暮らし」が違うからです。

 

「心地いい暮らし」は十人十色です。

 

片づけのゴールは、

自分や家族にとっての「心地いい暮らし」「居心地のいいおうち」です♡

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。
今回の記事「いいね」と思ったらクリックお願いします。

片付け・収納(個人)ランキング(にほんブログ村)
整理・収納ランキング(人気ブログランキング)

コメント